こんにちは、兵庫県宝塚市の白原工務店です!
弊社は型枠の技術を活かし、社会に貢献することができないかと考えて「まもる君」を考案して販売しております。

聖火リレーが先日スタートしました!


先日東京オリンピックの聖火リレーがスタートしました。

福島県から始まり、4か月かけて47都道府県をまわり7月23日の東京でゴールを迎えます。
弊社のある兵庫県では、2021年5月23日から5月24日の2日間で行われる予定となっています。

隣県の大阪府に関しては、コロナウイルス急拡大を受けて大阪市内の公道でのリレーは中止、7日までに代わりの実施方法を決めたいとしています。

聖火リレーの開催には、様々な意見があると思います。

聖火リレーの役目の一つは、大会のシンボルである聖火を掲げることで、平和・団結・友愛といったオリンピックの理想を体現すること。

感染拡大の影響で先行きが不透明な今、聖火リレーの意義とは?
改めて考えさせられます。

今後の感染状況によっては聖火リレーの実施に何らかの制限を設けたり、規模を縮小するなど、難しい対応が迫られる可能性もあるでしょう。
長らくコロナと共存していると緩みがでているのも事実。
「希望の道をつなごう」という聖火リレーのコンセプトを実現するためには、一人ひとりの徹底した感染予防対策が必要不可欠です。

聖火リレーは、密を避け、観衆は声援を送らず拍手だけで応援する。

一部の海外メディアから「無意味なポーズだけの感染症対策」と揶揄されていますが・・・
前向きになれるような、希望を持てるようなオリンピックを迎えられることを切に願います。

最後までご覧いただきありがとうございました。